Skip to content

ファクタリングの使い方としておすすめの方法

ファクタリングは売掛債権を早急に現金化する方法として広く普及しています。

これまでは売掛債権を現金化する方法として手形割引や、債権担保による融資などがありましたが、この場合には債権の期日に返済をしなければならなかったのに対し、ファクタリングでは債権回収を業者が行うため返済の必要はありません。しかし、回収の権利を放棄するために着実に現金が手元に入らないと言う問題があります。

ファクタリングを利用する場合にはこれまでの手形割引や債権担保による融資等とは異なる面を十分に認識し、効率的に利用することが必要です。また手数料もこれまでの方法に比べて高めに設定されているため、この手数料の金額にも充分注意をすることが必要となるのです。企業の場合には利益は減る事は無いのですが、損金として手数料分が計上されてしまうため、実際の現金が少なくなると言う問題が発生します。

以上を踏まえた上でのファクタリングのおすすめの利用方法は、キャッシュフローを改善するための危険回避の方法として利用することです。また十分に計画性を持って利用することがおすすめの方法となります。

現金がすぐ手に入る上、期日に返済の必要がないからと安易に利用してしまうことが多いものですが、手数料の分だけ入金される金額が目減りしてしまうことや、入金のサイクルが変化してしまうために資金計画に大きな影響を及ぼしてしまうことになるため注意をしなければなりません。その点を意識した上で効果的に利用することがファクタリングを利用する上でのおすすめの方法となっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *