Skip to content

3社間ファクタリングは低コストなのでおすすめです

3社間ファクタリングはコストを抑えて売掛債権を現金化したい人におすすめの方法です。

企業が顧客に商品やサービスを提供すると売掛債権が発生します。手数料を支払って売掛債権を業者に譲渡すると、素早く資金調達することができます。3者間の取引では期日になると顧客が業者に売掛金を支払います。基本的に資金を調達した後で企業に何らかの義務が発生することはありません。3社間ファクタリングは業者が売掛先から直接的に支払いを受けます。そのため業者にとってリスクが少なく手数料も低額に設定されます。

一般的に譲渡する売掛債権額の5%から10%が手数料とされています。ただし3社間での取引には売掛先も関与するため、企業の経営状態を知られることになります。経営状態について知られたくない場合は2社間ファクタリングをおすすめします。企業が売掛債権を譲渡することを顧客に知られると、経営状態に問題があると判断される可能性があります。

その後の取引に支障をきたすことも考えられるため、多少高額な手数料を支払っても2社間での取引を希望するケースも多く見られます。2社間ファクタリングの手数料は一般的に譲渡する売掛債権額の10%から40%ほどです。実際の手数料は業者によって違いがあります。

信頼できる業者を選ぶには、手数料だけでなく過去の実績や利用者からの評判などを参考にすることをおすすめします。ファクタリングには3社間で行うものと2社間で行うものがあります。それぞれにメリットがありますが、特にコストを抑えたい人には3社間での取引がおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *