Skip to content

おすすめのファクタリング方法

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡する事で資金を素早く確保する方法です。

銀行やビジネスローンの場合は、会社の支払い能力に厳しいチェックが入ります。ですので、業績が悪くなっている場合等では審査が通り難いですが、ファクタリングの場合は問題になるのはクライアントの信用です。クライアントが大手企業であった場合等には、審査は問題なく通ります。資金繰りがキツイ中小企業でしたら、かなり、おすすめ出来る方法と言えます。ファクタリングは、3社間タイプと2社間タイプがあります。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、おすすめは2社間の方です。3社間は、2社間と比較した場合に手数料が安く設定されています。ただ、制度を実行する為にはクライアントに売掛債権を譲渡しますので、支払いはそっちに行って欲しいという通知をし、その上で同意を貰う必要が出て来ます。ですので、使い方を誤ってしまうと取引先にこちらの経営が危ないのではないかと思わせてしまうリスクが出て来ます。

取引先と相当に意思疎通が出来ている場合を除外すれば、こういった憶測が広がってしまうのは後の不安要素となります。それに対し、3社間の方はクライアントに通知の必要が無い代わりに、手数料が2社間の物よりも大きいです。クライアントから入金があった場合には、ファクタリング会社の方にそれを払うという形式ですが、支払い前に会社が倒産してしまったり、入金されたお金を会社が他に使ってしまうリスクがある分だけ手数料が高く設定されているという事です。

会社の状況等を考えた上で、1番最適な物を選ぶ事が前提条件です。それで考えるなら、手数料が高く差引かれてしまうよりは、安い方が良いと見る事も出来ます。ただ、信用問題に関わってくる事を考えるなら、おすすめは2社間の方という事になります。一般的にも2社間タイプを使用する企業の方が多いのが現状です。
ファクタリングのおすすめのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *