Skip to content

売掛債権担保融資は低コストで資金調達ができます

売掛債権担保融資は金銭消費貸借契約なので利息を付けて返済します。

担保とされる売掛金は将来発生する予定のものです。法務局で債権譲渡登記をする場合の原因は譲渡担保になります。売掛債権担保融資を行うことができるのは、銀行と貸金業者に限られます。同じように売掛金を利用して資金調達を行うファクタリングは債権譲渡契約です。ファクタリングと売掛債権担保融資は似ているので混同される場合があります。しかし両者は全く異なる仕組みです。

ファクタリングは売掛債権の売買契約なので、手数料が発生しますが利息は発生しません。金銭消費貸借契約の場合、利息制限法の規制を受けます。そのため元金の価額によって金利に上限があります。ファクタリングの場合は手数料に上限がなく、実際の額は業者によって違いが見られます。金銭消費貸借は分割して返済できるので、資金に余裕がない場合でも安心です。債権譲渡契約であるファクタリングでは一括返済が求められます。

低コストで資金調達を行いたい場合は売掛債権担保融資の方が優れています。ただし売掛金を担保とした融資では、借主の信用力が審査されます。ファクタリングと比較して厳格な審査が行われる傾向があります。設備投資のような長期間にわたって減価償却が行われるものに利用する資金は売掛債権担保融資の方が適しています。分割払いをしながら利息や減価償却による会計処理ができます。総合的な負担が小さくなるので経済的です

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *