Skip to content

売掛債権担保融資とファクタリングの違いとは

売掛債権担保融資とファクタリングはいずれも売掛金を利用して資金調達を行うという点では共通しています。

しかし両者には様々な違いがあります。前者は債権譲渡担保に該当しますが、後者は債権譲渡です。譲渡担保では債権などを担保にして資金の融資を受けます。一方で債権譲渡は売買契約なので資ではありません。売掛債権担保融資は利息制限法が適用されます。そのため融資額によって利息の上限が存在します。ファクタリングは売買契約なので手数料に法的な規制はありません。

売掛債権担保融資は取引先との間で将来発生する予定の売掛金を担保として融資を受けます。あくまで担保を利用した金銭消費貸借契約なので、正常に弁済されていれば売掛金の支払いは通常通り行われます。売掛金を担保として提供した場合、勝手に取引を停止したり第三者に譲渡すると契約違反になるので注意が必要です。弁済が不可能になった場合は、貸主から取引先に債権譲渡が通知され売掛金から回収が行われます。

売掛債権担保融資はファクタリングと異なり銀行か貸金業者のみが行うことができます。元金が100万円を超える場合の金利は年15%が上限とされています。不動産を担保とする場合と比較して金利が高めに設定されており、一般的に年8%から15%とされます。負担する利息や手数料の安さを重視する場合は、ファクタリングよりも売掛債権担保融資の方が適しています。金銭消費貸借契約の場合は分割返済も可能なので、資金に余裕がない場合でも利用しやすいというメリットがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *