Skip to content

売掛債権担保融資のメリットとデメリット

手元にある売掛金を活用し、お得かつスピーディーに事業資金を確保する手段として多くの法人が活用しているのが売掛債権担保融資です。

売掛債権担保融資はその名の通り売掛金を担保として金融機関等からお金を借りる融資制度なのですが、この制度には他のローンサービスと同様にメリットもあればデメリットもあります。具体的にどのような点が優れており、どのような点に注意が必要なのかを確認していきましょう。売掛債権担保融資の最も大きなメリットの一つがお得かつ比較的容易に資金調達ができる点となります。

有担保ローンなので無担保のビジネスローンなどと比較して金利設定が低いケースが多いですし、ファクタリングの手数料と比較した場合でも売掛債権担保融資の金利のほうがお得というケースがほとんどです。またたとえ自社の信用が低い場合でも売掛金を出した企業の信用が高ければ高確率で審査を通過できるので、自社の業績が審査に及ぼす影響が少ない点も大きなメリットと言えるでしょう。

一方でデメリットですが、無担保型のビジネスローンなどと比較して資金調達までに時間が掛かる点や個人事業主は利用できない点が挙げられます。無担保型のビジネスローンは最短で即日資金調達が可能なのもが多いですが、売掛債権担保融資は基本的に即日資金調達は不可能となっています。また登記の関係で法人しか手続きができないため、個人事業主はファクタリングやビジネスローンを利用する必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *