Skip to content

企業の種類や目的別の担保融資の活用法

従業員が数十名程度で保有している有形の資産がない時には、運転資金などの確保で無担保ローンを使うケースが一般的です。

しかし希望する金額の融資が受けられないことも多く、借り入れの前提として担保が求められる場合もあります。担保融資というとまず最初に不動産を連想する人が多いですが、最近では売掛金や特許など様々なものが担保として利用できるようになっています。特に工事代金のように入金まで数か月程度のタイムラグがあるときには、売掛金担保融資を活用するのが理想的です。

建設会社向けに様々な融資を行ってきた会社であれば、売掛金の内容に合わせて迅速に希望する金額を貸してくれます。とりわけ短期資金を必要としている建設会社や卸売会社の間では、即日対応の売掛金担保融資の人気が高まっています。けれども長期間お金を借り続けたいときには、低金利の不動産担保融資を積極的に活用するべきです。売掛金と比べると不動産を担保にした場合には高額の資金を融通してもらえるので、土地を取得して住宅開発を行いたい場合にも便利です。

最長で20年以上借り続けられるのが不動産担保ローンの魅力ですが、資金に余裕ができたときには繰り上げ返済をすることも可能です。多様な担保融資のサービスが登場する中で企業経営者に求められているのは、資金調達に役立つ確かな情報の収集です。企業経営者向けの情報サイトを利用すると、運転資金や設備投資資金の調達に最適な融資もすぐに見つけることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *