Skip to content

知的財産権による担保融資

担保融資は、個人や法人が所有する不動産や証券などを債務不履行時の弁済方法として金融機関に差し出す融資であり、融資審査が非常に厳しい無担保融資に比べて低い貸出金利や長い返済期間などメリットが多い融資です。

金融機関では、債務不履行時にも債権回収の見通しが明確な事から土地やビルなどの不動産以外の担保にも対応しており、証券や生命保険及び売掛債権などの金融商品だけで無く知的財産権や商品在庫なども担保の対象としています。知的財産権の担保融資は、特許権や著作権などの知的財産権を担保にする融資であり、この融資の80%が特許権を担保としている融資です。

特許権は、特許開発の投資した費用を考慮するコストアプローチと特許が今後生み出すインカムアプローチ及び市場の動向を考慮するマーケットアプローチの3点で価値が査定されますが、不動産の様に目に見える形を有していない流動的な担保である事から融資額が金融機関ごとに大きく異なります。在庫の担保融資は、様々な企業が抱える多種多様な製品や商品の在庫を担保にする融資であり、在庫は不動産と同様に各金融機関独自の審査基準で資産価値が明確出来る事から比較的審査基準が低い融資です。

また、明確なので資産価値を有する在庫が担保となっている事から第三者による保証の保証が無く、審査から融資実行までが非常に短期間な点も大きなメリットです。しかし、資産価値が日々流動的かつ移動可能な担保である事から定期的に在庫の状況を報告する義務があり、資産価値を低下させない徹底した在庫管理が求められます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *