Skip to content

担保融資を使いこなすテクニック

企業や病院などが保有する資産を上手に活用することが、低金利で資金を調達するための基本です。

確かに無担保でもお金を借りることはできますが、担保融資を活用するとより一層低金利で高額の資金を借り入れることができます。最も代表的な担保融資は不動産を活用したものであり、自社ビルや工場に加えて遊休地を担保にすることも可能です。都市部の物件であれば不動産担保ローン会社も資産を高く評価してくれるので、運転資金や高額の設備投資資金も確保しやすいです。

しかし中小企業はオフィスや店舗を賃借しているケースが多いために、担保融資を受ける場合に必要な不動産を持っていない場合がよくあります。そのような場合にはトラックや営業用の車両を担保にすると、運転資金などを今まで以上に円滑に調達できるようになります。保有している車両を活用してお金を借りたいときに役立つのは、銀行などが提供している商用車担保ローンです。

融資実績が豊富な会社であれば、使用中の車両であっても好条件でお金を貸してくれます。またメーカーや流通系企業の間で需要が伸びているのは、在庫を活用した担保融資です。倉庫に眠っている原材料や製品も担保になるので、これまでは資金調達が難しかったケースでもスムーズに融資が受けられます。急激に売り上げが増えた場合には資金調達が難しくなりますが、在庫を担保にすることで不動産がなくてもお金が借りやすくなります。迅速に対応してくれる会社を利用すると、給与支払い時の一時的な資金不足も解消できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *