Skip to content

担保融資とはどのような形の融資でしょうか

担保融資というのは、不動産を担保にしたうえでお金を融資してもらうことを言います。

この方法でお金を借りると、高額融資をしてもらうことができますし、返済期間も長めに設定することが可能です。また金利が低いので、返済がしやすいというメリットもあります。通常カードローンなどは、無担保無保証が前提となっています。つまり担保も保証人もいらないけれど、上限額が低めに設定されていて、金利はどちらかというと高めです。もちろん金融機関によって違いがあり、銀行と消費者金融では金利が異なりますが、概して担保融資よりも高いと考えておくといいでしょう。

その反面、担保融資にもデメリットはあります。まず担保となる不動産の価値評価があるので、融資までに時間がかかるという点です。そのため、明日までに融資をしてほしいという時などは不向きと言えるでしょう。そして融資の際には、手数料などの費用がかかることになりますし、もし返済中に借り換えを行う場合は、違約金を払うことがあります。

そして何と言っても、もし返済できない時は不動産を手放さなければなりません。利用の際はこういう点に注意しましょう。また不動産を所有していなくても、担保融資を利用できることがあります。それは質屋の利用です。たとえば宝石やブランド品などを担保にすると、いくらかのお金を貸してもらうことができます。期限までに返済できなくても、利息を払って行けば預かっていてもらえますし、貸付だけでなく、これらの品物を売却することもできます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *