Skip to content

ファクタリングとは~介護事業にも利用される

事業所などが新規参入しようとする場合、または資金繰りを行う場合には、銀行に借り入れを申し込むのが一般的です。

お金を借り、まずは事業を軌道に乗せた上で、その後、発生した利益で借りたお金を返済していくと言うメカニズムです。これに対してファクタリングと言うシステムは、事業所の売掛金をファクタリング会社が完全に買い取ることで、事業所に資金を提供すると言うシステムです。

売掛金とは、納品、サービス提供が完了しており請求書も発行されていながら、支払い側の都合によりまだ事業所に入ってきていないキャッシュのことを意味します。つまり支払い側が支払っていないキャッシュを、ファクタリング会社が代わりに事業者に支払うシステムだと理解することができます。銀行を介さず、事業所の資金繰りを援助するシステムとも言えます。そしてこのシステムは、介護事業においても利用されることが多くあります。介護事業の場合、その収益は介護保険の保険金が支払われることで上がってきます。

しかし介護保険から保険金が支払われるまでには、申請から2ヶ月の期間を必要とします。つまり実際にサービスを提供してから、それに対する利益が手元に入ってくるまでには2ヶ月もの期間が必要になると言うわけです。介護事業の資金繰りが苦境に立たされやすいのも、これが原因の一端であるとも言われています。しかしファクタリングが適用されれば、この期間を短縮することが可能となります。その結果、資金繰りの向上が期待できますし、新規事業所でも事業を軌道に乗せやすくすることが可能となります。
担保融資のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *