Skip to content

医療向けファクタリングのメリット

診療報酬債権ファクタリングとは医療機関向けのファクタリングサービスのことです。

ファクタリングは、仲介業者が債権を買取るというもので利用する側にとっては債権をすみやかに現金化することができる方法になります。一般的には民間企業などが急な資金が必要になった場合や資金繰りを改善させるために利用するものですが、その中でも安定しているのが医療機関向けのものです。現在の日本の医療では国民皆保険制度が成立しているため、その多くは健康保険から医療費が補助されています。このため患者としては、3割から1割程度の費用を負担するだけで良い状態です。

その一方で医療機関は診察や治療、また薬を処方しても、その場では3割から1割の現金しか回収できません。残りの7割から9割は請求を行い3ヶ月以上遅れてから保険組合などから支払われる仕組みとなっています。つまり、その間は債権の状態となります。資金が潤沢なところであれば、それほど問題にはなりませんが、何らかの理由でお金が必要となった場合や資金繰りが厳しくなった状態にはこの債権をはやく現金化する必要があります。

その方法のひとつがファクタリングになります。ファクタリングのメリットは信用度の高い債権であれば90%以上の掛け目で現金化できるということで、また数日のうちに審査をクリアして現金を用意することができます。このため銀行などから緊急融資を受けるよりも早く、また確実に現金を得ることが可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *