Skip to content

医療関係機関が利用するファクタリング

医療関係機関すなわち、医科、歯科、薬局において事業拡大のために、ファクタリングを利用して巨大な資金を借り受けるケースがよくあるものです。

医科、歯科そして調剤薬局では、患者が健康保険証を利用して医療を受けるのが一般的ですが、その収入が得られるまでには若干のタイムラグが存在します。医療等の行為が行われて即日現金を手にすることが可能なものは、患者負担分だけと言ってよいでしょう。その後、審査支払期間に対する診療報酬等の請求になるわけですが、扱う患者数が多ければ多いほど巨額になってきます。

このとき、この将来発生するであろう債権によって、ファクタリングにより貸し出しを行うものです。借りる側からすれば、巨額な資金を得やすいために医療設備の拡充などを図りやすくなります。また、貸す側にとってはファクタリングにおける懸念すなわち、貸し倒れなどの発生の可能性が少なくなります。なぜならば、医療機関で患者数が一定人数を見込めるのであれば、その受診料などが見込めます。

貸しても返せるあてがあるわけです。貸しても返済の見込みがないのであれば貸さないものです。しかしながら、確実に将来得られる可能性が高いわけで、巨額な資金を貸し出したとしても返済をしてもらえるかつ利息の支払いもしっかりとやってもらえるというのは、顧客として非常に魅力的に見えるとされています。借りる側も貸す側にもメリットがあることから、こうしたやりとりは多くなってきている現状です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *