Skip to content

医療機関でのファクタリング導入について

病院やクリニックなどの医療機関では、患者が窓口で支払う料金と、健康保険から支払われる金額がメインの収入です。

窓口で患者が支払う料金は一部負担金で、医療費の金額の3割で、健康保険が支払うのは残りの7割です。そのため、健康保険の分の方が多いということになります。一方で、一部負担金は治療を受けた日に支払われますが、健康保険の負担分に関しては、実際に病院側に入金されるのは2ヶ月後になるのが一般的です。そのため、通常の企業の売掛金回収のサイクルよりも長くなります。

その分キャッシュフローにも影響し、資金繰りに苦労することになるでしょう。そこで、利用されているのがファクタリングです。通常であれば、一般企業が売掛金債権を早めに現金化するための手法ですが、医療機関においてもキャッシュフローを改善するため、ファクタリングの導入が検討されているところが多く見られます。医療機関は2ヶ月後には、確実に健康保険から保険の負担分が入金されてくるため、一般の売掛金債権よりも信用度の高い債権をたくさん持っているということになります。

そのため、審査にも通りやすいのです。また、患者が支払う一部負担金に関しては、その全てが治療を受けた当日に全額支払われるというわけではありません。クレジットカードで支払をした場合には、翌月以降に病院側に入金されることが多いです。そのようなときでも、ファクタリングを利用すれば、すぐに回収できるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *