Skip to content

医療機関のファクタリングの活用

病院の窓口での支払いは、全額されるものではありません。

窓口以外の残りの支払は、保険金から支払われます。保険金からの医療機関への支払は、約3ヶ月後となり、タイムラグがあります。キャッシュフローの不足により、困ることがあります。例えば、病院職員への給与の支払いや、製薬会社への支払などです。そこで、診療報酬を担保とした、ファクタリングを利用し、現金調達をすることができます。しかし、その利用には、メリットとデメリットもあることを承知すべきです。

ファクタリングのメリットは、特定の担保が要求されないことです。なぜならば、診療報酬債権は、高い安全性のある債権なので、こと自体に担保価値があります。また、審査期間が短いことも大きなメリットです。銀行から融資を受けて、現金にする場合は、審査期間が長く掛かってしまいます。どうしても、キャッシュが早く必要な時は、とても便利です。現金化したお金に対して、使い道に制限がないのも魅力です。ファクタリングのデメリットは、医療機関にとって、診療報酬額が減ってしまう事です。

通常、レセプト請求金額の8割くらいの買取り価格となります。恒常的に利用し続けると、全体の収入は減り続けるので、あくまでも、現金がどうしも必要な時に使うのが、基本です。ファクタリングの利用により、銀行からの融資等と比べて、迅速であることのメリットはあります。しかし、従来受けられる報酬が少なくなるので、医療機関としては必要最低限の利用が好ましいでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *