Skip to content

カードローンとキャッシングの違い

急にお金が必要になった場合に、最近はわざわざ店舗に出向かなくても、自宅に居ながらにしてカードローンの審査申し込みや契約手続きを行えるようになりましたので、以前と比べると抵抗感が少なく、借りやすくなりました。

カードローンとキャッシングって、困ったときにお金を借りられるサービスであることには変わりありませんが、実は違いがあるのをご存知でしょうか?利用される金融機関や消費者金融会社によっても、若干異なりますが、キャッシングとは、通常、数万円単位を短期間で借り入れる小口融資のことを言い、一括で返済をするのが一般的です。しかし、カードローンの場合は、数百万円までの大口の融資も可能で、残高スライド方式リボルビング払いなどの返済が一般的になります。

残高スライド方式リボルビング払いとは、毎月の返済金額が残高にあわせてスライドしていく仕組みで、残高スライド元金定額リボルビング方式、残高スライド元利定率リボルビング方式、残金スライド元利定額リボルビング方式などがあります。いずれの場合も、借入残高が多い場合には返済額が多くなり、残高が少なくなると返済額も少なくなるような仕組みになっています。

一見、手軽で利用しやすいように感じるのですが、返済金から元金への充当される額が常に少額になりますので、返済し続けても元金がなかなか減らないというデメリットもあります。しかし、毎月、高額な返済は不可能だけど高額融資を希望される場合や、長期間掛かっても良いので返済したいという場合には、おすすめの返済方法です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *