Skip to content

事業資金の調達方法に適しているのは何か

事業資金の調達方法には様々なものがあり、優先事項で適しているものが異なります。

まず、調達できなければ意味がなく、時間がかかると必要なタイミングに間に合わなくなるため、契約のしやすさと申し込みから融資までの期間の短さを優先する場合は消費者金融などのビジネスローンが適しています。

各社で基準は異なりますが、最短で即日融資も可能です。提出する書類の数も少なく、事業が赤字になっていても計画性が認められれば契約できることもあります。

ただし、金利がカードローンと同程度で高いのがデメリットです。金利を重視するときの候補の1つが銀行のビジネスローンです。審査にかかる時間が長くなり、提出する書類も増えるので事業資金を短期間で調達したいときには間に合わない可能性があるので注意しましょう。

開業資金に使ったり、実績のない開業直後、赤字経営になっている場合に使うのは難しいです。不動産を所有しているのであればビジネスローンではなく不動産担保ローンにした方が良いでしょう。

最も低金利で事業資金の融資を受ける場合は公的融資の利用が適しています。こちらも申し込みから融資までに時間がかかってしまうデメリットがありますが、開業資金や開業直後に使える融資もあるので目的に合わせたものを選ぶと借りやすいです。

一度事業に失敗した人が再挑戦するための融資も用意されているので、計画性がしっかりしていれば銀行では借りられないような人でも審査に通ります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *