Skip to content

事業資金を調達する方法

事業資金を調達する方法としてすぐに思いつくのが金融機関からの融資ですが、その前に検討した方が良いものに公的融資があります。

消費者金融だけでなく銀行と比べても低金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。また、事業を開始する前や、開始直後で十分な実績がない企業向けの融資も用意されています。

事業計画の説明をして信用を得る必要があり、結果が出るまでにかかる時間も長いのがデメリットですが、時間に余裕があれば最初に申し込んでみると良いでしょう。

公的融資が利用できなかった場合には銀行や消費者金融から事業資金の融資を受けますが、使用するのはビジネス向けのローンであり、カードローンは使わない方が良いです。

用途が自由で証明する書類の提出も不要なので気付かれる可能性は低いですが、カードローンは事業目的は対象外とする制限があります。事業が行き詰って返済できなくなり、調査されて発覚すると規約違反なので問題になります。

事務所が賃貸ではなく所有する物件であれば不動産担保ローンも事業資金の調達方法として検討しても良いでしょう。担保があるため、ビジネスローンよりも低金利で高額の融資を受けられ、返済期間を長くして月々の支払いを抑えられるメリットがあります。

売掛債権の入金前で一時的に事業資金が不足している場合には、これを担保にした融資も利用できます。借り入れ期間が短く、金利も低いわけではないためつなぎ融資としての利用に適しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *