Skip to content

ノンバンクのローンが借りやすい理由は

ノンバンクのローンは万人向けで、金融機関の中で最も借りやすいと言えます。

銀行や信用金庫のローンは低金利が魅力ですが、その代わりに審査基準はノンバンクより厳格になります。ノンバンクの代表格と言えば消費者金融で、地元の小規模会社の街金も含まれます。

銀行や信用金庫で借入できない方も、消費者金融なら審査に通過できる可能性が高いです。昔と比べて審査は少し厳格になりましたが、銀行などと比較すればハードルは低いです。

ノンバンクの金利は貸金業法改正によって大幅に引き下げられたので、以前よりぐっとお得になりました。かつては25%や29%という超高金利が当たり前でしたが、今は最高でも20%と低くなっています。実際はもっと低金利で借入できることが多いので、今や銀行ローンの金利と大差がありません。

実質年率17~18%くらいが相場になっているので、銀行で借りる自信がない方は申し込みしてみましょう。グレーゾーン時代に借りていた方は金利の低さに驚くはずです。昔のノンバンクと言えば信販会社ローンも活躍していましたが、現在は消費者金融が主流となっています。

信販会社ローンは数少なくなりましたが、一部では銀行並の低金利を設定しています。ローンの借入条件で一番大切なのは金利なので、十分に金利比較をしてから借りてください。

借入が高額になるほど金利の意味が大きくなり、借入総額に比例した利息が発生します。利息を抑えるためにも複数社のローン金利を比較して選んでください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *