Skip to content

ノンバンクの金融機関の特徴とは

ノンバンクは預金業務を行わない金融機関のことで、銀行に対して消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などが該当します。

貸付業務を中心に行なっているため、ローンの借りやすさには定評があります。銀行で借入できないときは、ノンバンクで借りようと考える方が多いのは今も昔も変わりません。

近年のノンバンクは貸金業法の改正により、借りすぎのリスクが大幅に軽減しました。かつては年収の2倍以上を借りている方がいましたが、今は最高でも年収の3分の1となります。

高額の借入ができないことをデメリットと考える方がいますが、逆にいえば借りすぎのリスクが少ないと言えます。お金は借りた分に利息をつけて返済する必要があるため、借入は少しでも少ないほうがいいわけです。

もちろん必要額の調達は必須ですが、必要以上に借りるとあとから大変になります。無理をしないためには最小限の借入に抑えておき、短期完済をするのが好ましいです。

ほとんどのノンバンクローンは繰り上げ返済に対応しているので、毎月の返済額に加えて追加返済するのは問題ありません。借入残高が減少するほど利息は減りますから、利息の節約のためにも繰り上げ返済を併用してください。

ボーナス返済のように義務ではなく、任意で行うものなので余裕があるときでOKです。ノンバンクでおすすめの金融機関は銀行系の消費者金融で、低金利かつ対応力がよいメリットがあります。銀行傘下の消費者金融のため、各種サポートが整っていることが多いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *